03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

リアルマジックショット管理人のブログ

 ■  変態ですいません(・_・) ■

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

【超便利】キーファインダー活用技紹介 

今回は
「Magicfly キーファインダー LEDライト付属 通常版」
の当サイトが考えるオリジナル便利技を紹介させて頂きます

2016111901.jpg


もし皆様のご参考になる部分が御座いましたら是非とも記事をご覧になり皆様も便利に活用できるようになると幸いです


2016111902.jpg


アマゾンのタイムセールで1,919円で買いました

パッケージはこんな感じです


2016111903.jpg


車の鍵などどこに行ったかわからない物を捜すときに受信機を付けておくと送信機のボタンを押せばブザーが鳴って教えてくれるというものです

送信機1台に受信機が4つです



2016111904.jpg



スタンドが付いていますが乾電池式なので充電台とか何か役割が有るわけでは無く置いておくスタンドです

私はこのスタンドは使わずに送信機を保管するつもりです


2016111905.jpg


送受信機の電池蓋を開けると受信機側にはボタン電池が装着されていますが送信機側の単四電池は別売です



2016111906.jpg



絶縁紙が有るので抜きます

ボタン電池はCR2032でした

ボタン電池としては一般的で比較的安価に手に入る物なので良かったです


2016111907.jpg


単四電池はAmazonでアマゾンオリジナルブランドのアマゾンベーシックにしてみました

ボタン電池もそんなに長く持たないような気がするので予備を一緒に買っておきました



2016111908.jpg


2016111909.jpg



単四とかなら多少封入されている容量が少なくてもとも思うのですがボタン電池はしっかりした物が欲しいのでパナソニックを選びました

Amazonの単四は箱に入ってましたがパナのボタン電池はこのままでパッケージとか箱とかは有りませんでした


2016111910.jpg


取りあえず送信機に電池を入れて初期不良が無いかチェック


2016111911.jpg



このキーファインダーの場合はサイドにスイッチが有りこれをスライドさせるとリモコン上部のLEDが点灯してライトが点きます



2016111912.jpg



暗いですが急な停電の時は有ると無いでは大違いなのでまぁ便利なのかもとも思います


2016111913.jpg


付属の台は使用しないと前述しましたがではどう保管するかですがストラップを付けて壁に鋲を打ちぶら下げて置くつもりです

ストラップホールは無いのでこれから空けます

携帯のケースの加工で何度も今までお見せしてきたお馴染みのピンバイスの出番です



2016111914.jpg


通常でしたら分解してケースだけにして穴を空ける所ですが結構こういう物の分解は慣れて居るので今回は分解せず基板が入ったまま空けちゃいます(をいをい)


2016111915.jpg



穴は2つ必要なのでもう片側はここから空けます

今回は送信機を分解せずにいきなり穴を空けましたが一応小さなドライバーの柄でコンコン叩いたり指で弾いてみたりして空洞っぽいかどうかは当たりを付けてから
作業をしておりますがこの手の製品でこの部分まで回路が詰まっている物は見たことが無いのでそちらの経験を頼りに作業開始です





2016111916.jpg



ストラップはループになった紐を通すので2本の紐が入ることになりますから真っ直ぐ穴を空けたら少しずつこのようにピンバイスを横にして行き穴を楕円形にします


2016111917.jpg


穴をにゃにゃめに広げたら最初の穴をめがけてこのように貫通させちゃいます

以前ストラップホールの無いスマホケースの加工をお披露目したときに反響が大きくて同じ事をする人が多かったのですが穴にストラップの紐を通すのがとても大変で上手く行かないと
いうご意見を沢山頂いたので今回は絶対に誰でも簡単に出来る方法を白状しようと思います


2016111918.jpg


今回100円ショップで0.55㎜の太さの真鍮の針金を用意いたしました

これさえ有れば絶対に誰でも上手く行きます



2016111919.jpg


紐と違って簡単に穴を通すことができます

これを呼び線に使います

呼び線に関しては過去にブログで発信した車に温度センサーを車内に引き込むブログ記事を発信した時のものをご参照下さい

あれと同じ事をします



2016111920.jpg


穴に通した針金をストラップの輪に通して折り返ししっかりとラジオペンチで潰します



2016111921.jpg


そのまま針金を引き戻せばこのようにとても簡単に通ってしまいます



2016111922.jpg



完了です

ストラップが取り付けできました

これで壁にぶら下げて保管出来ます



2016111923.jpg



送信機の上にストラップを付けたので付属のスタンドに載せるのも問題ありません

でもディスクの上を場所を取るのが私は嫌ですし引き出しの中に入れず視覚的にすぐ解るようにパソコンディスクの脇の壁に取り付けて保管します

そうすることでディスクの上は広いままで視覚的にすぐ目線に入れば元の場所に戻して無ければすぐ解りますので便利です


2016111924.jpg



裏に激しく傷をつけてしまいました

リモコンみたいな物って落としても割れないように弾力性のある素材で作られていたりする場合が多いのでピンバイスにはHSS規格(スゲェ堅いドリル)のものを
付けていたのでいきなり空けたい方向に穴を空けようしたら刃先が滑ってこのように傷を付けてしまいました

なので真っ直ぐ空けてから穴を斜めにしました

まぁ多少どうなろうが後悔の無い商品なので手抜きをしただけなのですが・・・






■ここからが今回の肝になるアイディアの部分の説明です

2016111925.jpg

私はしっかり者なので携帯やスマホをどこに置いたか解らなくなることも度々有りそれを簡単に探せるようにと思いキーファインダーを買いました

でも受信機を携帯にぶら下げて出歩く気がしません

それに出かけるときは送信機は置いていきますので外に携帯と共に持ち出す必要性が有りません

そこで考えたのが家に帰ってきたときだけ受信機を取り付けるという方法です

それに使うのがこれです

正確な名称が解らず恐縮ですがケーブルとかに行き先を書いてぶら下げたりするのに使う物です

例えば入力3系統、出力2系統有るレコーダーなどの配線に機器を入れ換える際に「入力1」「入力2」「出力1」などと書いてこの札をケーブルに付けておくとプラグを抜いても元に戻すのが簡単です


2016111926.jpg


まだ前準備が出来てないので通してませんが穴に先端を通して絞って使います

インシロック(結束バンド)を思い浮かべて頂ければ良いかと思います



2016111927.jpg



まず一番解りにくくなるスマホと携帯用の物を用意する事に致します

お名前さんんを書いてみました


2016111928.jpg


まずはスマホ用です

このようにキーファインダーの受信機に通します


2016111929.jpg


こんな風に穴に入れてぎゅっと絞ります
(緩くても良いですけど)


2016111930.jpg


余計なひげをちょん切ります


2016111931.jpg


上から無くなったら困る順にしてみました

次は緑です


2016111932.jpg


同じように携帯用も作りました

これで準備完了です

どうやって付けるのかって感じですがこれで出来上がりなのです


2016111933.jpg



私はスマホとガラケーの2台持ちですがどちらもこのように衣服やズボンにしっかりと咥えさせる事が出来るストラップを使っています

走って逃げるときに落とさないように・・・

あっ、いや、絶対に落とさないようにです


2016111934.jpg


出かけるときには衣服に噛ませていますがこれを帰ってきて外したらキーファインダーに付けた札を咥えさせるようにしました

そのために札に名前を書いておりスマホはそのままスマホの札に咥えさせます


2016111935.jpg


ガラケーはケータイと書いた札に咥えさせます

何を使おうかと考えたんですが文房具屋とかで売っている本当に鍵に付ける名板は固くて厚みがあるのでクリップのバネが弱くなりそうですが今回使ったケーブルに名前を書いて
結束する物は薄くてしかも柔らかくしかも破けず丈夫なのでとても適していると思いました

これなら衣服に付けている時よりもクリップに負担は掛からないはずです


2016111936.jpg


これを習慣づけて家に帰ってきてキーケースに車の鍵を仕舞うときに取り出して衣服から外したクリップをそのままキーファインダーの受信機を咥えさせれば
家に入ってからどこに置こうがリモコンを押せば知る事が出来ます

送信機を押すと赤いLEDが点灯しながら「ピーピーピーピー、ピーピーピー」と鳴ってくれます

電波も結構良く届きます

木造家屋で1階にいて2階の部屋でも鳴ります

今まではどこに置いたか解らな無くなると家の電話から自分のスマホに電話を掛けて着信音で捜しましたがマナーモードでソファーの隙間に有ったりすると全然解らなくて
外で落としたんじゃ無いかと不安になったりしてましたがこれで安心って感じです

それにしてもスマホの着信履歴を見ると自宅からと言うのが多いのが自分の間抜けぶりを表していると思います


2016111937.jpg


3個目の青は車のキーに付けたいと思います

車の鍵の場合は付けたり外したりは携帯のストラップの口を衣服に咥えさせたり外したりという習慣が無いので付けっぱなしにしておこうと思います

でも車の鍵にゴチャゴチャと色々なものをぶら下げたくありません



2016111938.jpg


そこで考えました

いつも使っている小銭入れの中に入れてしまえば良いと・・・


2016111939.jpg


ご紹介します

小銭入れの真由美ちゃんです


2016111940.jpg


2本の指で開くと小銭を入れる所が解ります

ちなみにこのように開くときに指が濡れる事はありません

小銭入れですから・・・


2016111941.jpg


それにしても真由美ちゃんとはもうかなり長い付き合いです

こうやって画像で見ると何か随分汚くなったなと思います

人間の年齢に換算すると小銭入れの真由美ちゃんは・・・

あ、何でもありません


2016111942.jpg



小銭入れの真由美ちゃんの中にキーファインダーの受信機をいれてしまえばいつも持ち歩いている車の鍵のままなのでベストです


2016111943.jpg



ちょっと厚みがありキツかったですが無理矢理入れてみました

キツい穴に突っ込むのは皆さんと同じで好きかも知れません



2016111944.jpg



これでいつも通りで車の鍵が解らなくなっても心配要りません

青いボタンを押せば真由美ちゃんが「ピーピーピー」と泣いてくれます

出来れば青いボタンを押したときだけ音が変わって

「ヒィーヒィー」とか「イヤーン」とかになってくれると良いのですが・・・


2016111945.jpg


最後の4つめの緑ですが私の場合は次に解らなくなりそうなのは

アマゾンのファイヤーテレビスティックのリモコンです

2階のテレビに付けたり1階のテレビに付けたりなど移動するのでリモコンが解りにくくなる事が有るかも知れないのでこれに付けることにしました


2016111946.jpg


このリモコンにはぶら下げることにしました

付ける位置は指で差している部分の電池の蓋の角にします


2016111947.jpg


使う物はこちら



2016111948.jpg


上のこの部分だけ利用します



2016111949.jpg



同じようにピンバイスで穴開けします


2016111950.jpg



これは素材が柔らかいので簡単に空きました


2016111951.jpg


さてストラップの加工です

不要な部分を切り落とします


2016111952.jpg


ストラップ部分と金具だけにします


2016111953.jpg


今回は本体に空けず電池の蓋なので裏からも作業が出来るため簡単に通せます


2016111954.jpg


取り付け完了

これで蓋を本体に戻します


2016111955.jpg


操作するのに全く問題ありません


2016111956.jpg


ストラップを握り持ち歩くわけでは無くリモコン本体を持ってキーファインダーの送信機を持ち歩くだけなのでこのようにぶら下げても蓋が落ちることは有りません

もし落ちるような事が有ってもその時はセロテープで蓋を留めたり輪ゴムを巻いたりすればよいかなと・・・


まだキーファインダーは使い始めたばかりなのでボタン電池の持ちがどのくらいなのか気になるところですがとても便利な商品です

多分用事も無いのにやたらと小銭入れの真由美ちゃんばかり鳴らしまくって割れ目からビィーピィー聞こえる音を楽むと思うので
これが一番先に電池が絶えると思います





ブログではどうでも良いような事ばかり発信しており当サイトのテーマである特殊撮影とはかけ離れた内容ばかりが目立ちますが当ブログを色々見て頂ければ
メンバールームでは特殊撮影に関して「知識」「技術」「テクニック」「仲間」「独創的アイディア」が融合されたその空間は他所では絶対に味わえない独特な
特別な価値ある場所であろう事は賢明な人なら容易に想像して頂けるのではないかと思います

あなたの知的好奇心を激しく刺激する人生が楽しくなるであろうRMSメンバールームに是非あなたもおいで下さい

(おいで下さいと言いつつ募集停止の時も多いですが今なら入れます)



スポンサーサイト

Posted on 2016/11/19 Sat. 23:46 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://realmagicshot.blog.fc2.com/tb.php/90-f3215eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。