FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

リアルマジックショット管理人のブログ

 ■  特殊撮影マニア ■

DSC-RX0専用社外品ケージご紹介 


ソニーのコンパクトデジカメRX0用の社外品のゲージのご紹介をします

2018111500.jpg


RMS会員の「ウェアラブルカメラ。ドローン」さんでSONY純正のゲージが紹介されています


DSC-RX0専用ケージ VCT-CGR1活用例!カメラを自由に取り付け
↑こちら

RX0は私も昨年から所有しておりメンバールームで紹介などもして物凄く気に入っております

先日「ウェアラブルカメラ。ドローン」管理人さんから純正のケージを見せて頂きとても便利そうなので私もケージ買いました


購入したものはアマゾンで販売中のANDYCINEの RX0用ケージです

同じものを買うのも面白みが無いので私は社外品を買ってみました・・・と言いたいところですが実のところは純正は高いのでこちらにしたというのが本当の所なのですが


2018111501.jpg


価格はその場で適用できる6%のクーポンを使って
7896円でした

純正よりも不便そうな部分も有りますが良い部分も有り何といっても純正の半額以下なのでこれはこれで有かなと思いご紹介いたします

結構いろいろな付属品が付いております


2018111502.jpg


一般的なカメラと同じ規格のシューです

アルミ製で肉厚でかなりしっかりしています



2018111503.jpg


取り付けはドライバーでしっかりと締めるようになっています

このパーツは今回のケージに付けて使う以外にも色々な事で使いまわせそうです


2018111504.jpg


カメラのシューに付けて重ねてカメラが付けられます

ケージを使わずビデオカメラのシューにこれを付けてRXOの本体のネジに付けると便利かなと思いました


2018111505.jpg


ゴープロなどアクションカムと同じ規格の物です


2018111506.jpg


37mmのレンズフィルターとレンズカバーです

フィルターがガラス製でしっかりしたものでした

ポリカーボネイトなどプラ系で無いのはグッドです



2018111507a.jpg


ではケージ本体を見てみましょう

何といっても撮影穴部分が37ミリのフィルター径になっているのがこの製品の特徴です



2018111507b.jpg


上面です

純正品は大きな切込みが有りRXO本体のボタンを押すようになっていますがこちらはカメラ本体のボタンを押し込むためのボタン(?)が付いています

取付穴はこちらのほうが純正より多くて端っこの穴を使えば純正では不可能な吊り下げ設置とか出来るような作りです



2018111508.jpg


カメラの固定はサイドのこのネジを締めておこないます



2018111509.jpg


内側にはネジの面圧を逃がすための白い樹脂板が有ります

RX0は頑丈なボディなのでそのままネジが当たってもびくともしないでしょうが傷防止かなと思います



2018111510.jpg


手で締めるだけで充分かと思いますが車やバイクに付けたりする際はマイナスドライバーで締め付けをしたほうが良いかもです



2018111511.jpg


底面です

こちらは上部と違い純正と比べると穴が凄く少ないです

これだけ有れば充分かなとは思いますが他の機材と組み合わせて撮影ユニットを組みたい時に微調整をするには純正のほうが断然良いと思います


2018111512.jpg


逆サイドです

こちらはコの字型に大きく開口が有り取り付け穴は3つです

純正を見せてもらった時は車で踏んでも全くびくともしないような作りでしたがこちらは万が一重量物で圧が掛かった時はどうなるかなと言う感じはします



2018111513.jpg


このケージの最大の特徴は何といっても37mmネジが付いた前面です

晴天の時に空をもっとはっきり青く撮りたい時にスカイライトフィルター付けたりフード付けてレンズに直接入る光を遮光したりと活躍しそうです


2018111514.jpg


ではRX0を装着してみましょう


2018111515.jpg


と、思ったら・・・

このストラップの根元の細い部分が通らずにこれ以上入りません

純正は確かそのまま入った筈ですが・・・

まぁそれだけタイトな寸法なのでガタつきが出ずぴったりフィットするのですがケージを脱着する都度にストラップを付けたり外したりするのは苦痛です

今度ストラップの逃げ道を自分で掘ってゲージを加工しようと思います


2018111516.jpg


ストラップを外して本体装着

当然と言えば当然かもしれませんがぴったりです

左の固定ネジを廻してしっかりと固定したところですがネジの内側の白い板を見てください

締める時にこの板が押されてバキバキと変な音がしながら閉まるので何か壊れているような音に感じますが問題ありません

いずれこの乳白色の板は外れるでしょうが問題無いでしょう


2018111517.jpg



カメラを固定するのがこのネジですのでここだとこちら面の三脚メス穴が思うように活用できずに不便です

純正のゲージみたいにちょっと工夫してほしかったです


2018111518.jpg


反対側はこのようになっています

バッテリーをゲージを外さず交換できるようにですが3つしかネジが無く
しかも前のほうだけでここで締めるとバランスが気になります

車載や移動などでは振動で後ろに倒れて来そうな気きがするのでバッテリー交換の時は
ゲージから一回外しても良いので中央とかもっと穴が欲しかったです


2018111519.jpg


お陰でバッテリーはゲージを外さず交換できます

この面のネジを使う必要性が無い人には便利かも知れません


2018111520.jpg


このゲージの特徴的な部分は37mm系のフィルターネジが付いている所です

37mmの各種フィルターやフードを付けたりなど色々と撮影の幅が広がりそうです

37mmの良さはminiDVテープを使うカメラに一番多いサイズでしたのでジャンクで沢山安くこの口径の物は買えるんですよね

今度テレコンなども付けて試してみたいと思います

2018111521.jpg


マイクを付けたりライトを付けられるアクセサリシューを付けてみましょう


2018111522.jpg


ちょっと電源ボタンとシャッターボタンが押しにくくなりますが便利そうです


2018111523.jpg



RX0を固定しているネジ側に一脚など付けてみたいと思うのですが固定ネジが邪魔で
取り付けが出来ません

やはりこうなりますよね


2018111524.jpg


上はこんな風に角に付けられますのでカメラ用品で無く汎用のステーなどで付ける際に
便利に利用できそうなのでこの点は純正ケージでは真似が出来ない部分です


2018111525.jpg


反対側にネジで留めようとするとこの位置ではカメラ本体では無く交換が出来る保護ガラスの
側面に締め付けることになるので少し不安が有ります


2018111526.jpg




ケージの固定が横からなので左右を自由にこのように取り付けるにはちょっと不便ですしネジ穴が少ないので横から取り付けて使う人には純正ケージのほうが有利です


2018111527.jpg


取りつけネジが有ってもこのようなものを使えば便利かも知れません

青い棒はスマホの自撮り棒の先のスマホ固定部分を取ったものです


2018111528.jpg


こんな風にネジを避けてしっかり締めこめます


2018111529.jpg


車に乗るときにこのようにして窓から出せば社外からタイヤの回転を車外から撮影したりと普段では撮れないアングルの撮影が可能です


2018111530.jpg


付属の37mmフィルターを付けてみましょう



2018111532.jpg



装着しました

ガラスのUVフィルターです

これでスローで水の入った風船を割ったりするシーンを撮るとカメラに水滴など掛からず守れるので破片や何か飛んできそうなような撮影では重宝しそうです

リンゴを矢で打つ時を取ろうとしてカメラに当ってもフィルターが割れても簡単に交換出来て本体のガラスを守ります

ちなみにRX0にも交換用のフロントガラスはオプション売りされています
高いですけど・・・・


2018111533.jpg


フィルターを付けているとレンズキャップが付けられます

汚れなくて良いですね

元々は純正ケージが欲しかったですが高くてこちらにしましたが純正では出来ないような使い方が沢山出来そうですので活用していきたいと思います





入会募集期間が短くてすいません。一応年末までは停止無しで新規会員さんの募集をしたいと思っています。増えすぎそうになればその限りでは有りませんが






スポンサーサイト

Posted on 2018/11/27 Tue. 04:42 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS