FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

リアルマジックショット管理人のブログ

 ■  特殊撮影マニア ■

赤外線透過実験 


当メンバールームで改造受付をしているウエラブルカメラ赤外線改造が異様な人気となり現在は改造ベース機がプレミア価格になり高騰し凄いことになっていますがでもまだ買えます

オリジナル改造品大ヒット記念として今回の記事を制作しました

2019082101.jpg


フィギアを使っての透視実験を致します

水着の女性が着かえるという設定でご覧ください


2019082102.jpg


着替えの為に真っ黒な着替えスペースを用意します

肉眼では全く見えませんので安心して着替えが出来ます


2019082103.jpg


ところがスケスケカメラで写すと黒いはずの目隠しは完全に透けて中が丸見えです

2019082104.jpg


お嬢さん
バスタオルを巻いて着かえるのでは見えてしまうかもしれないのでこれを使って着かえませんか?

僕たちは離れていますので安心して着かえて下さい


2019082105.jpg


ところが離れた所からRMS改造スケスケカメラで写してみると・・・

えへえへ いひいひ

ウへウへ でへでへ

ひひ~ん

2019082106.jpg


いい乳してまんなぁ~


2019082107.jpg


カラーとスケスケカメラで同時に撮るとあとで見る時に感動もひとしお


2019082108.jpg


完全に安心しきってますねぇ~



2019082109.jpg


今度自動車を買う時は後部のハッチを上に上げるタイプの車両が欲しくなりました


2019082110.jpg


車を持っていないので紙の車での説明となります


2019082111.jpg


ハッチを上げて赤く印した部分にレールなど付けてカーテンなど付ければ
廻りから見えなくなる更衣室が作れます


2019082112.jpg


フィギアを人物と見立ててシュミレーションしてみましょう


2019082113.jpg


このようにカーテンの代わりに肉眼では不可視なものでスケスケカメラで写すと
完全に透過するもので目隠しします


2019082114.jpg


そうすると先ほどのごとく完全に透けて見えてしまいます


2019082115.jpg


海水浴場の駐車場で

「無料で使える更衣スペースですご自由にお使いください」

なとどしておいて次から次へと着替えに訪れたら・・・


2019082116.jpg


ああ~ 
考えただけでも先っぽがヌメヌメして来ますぅ~


その撮影はリアル(現実)かマジック(虚像)か

当サイトの名称のリアルマジックショットは手品のような不思議な撮影を本当にしてしまうというような意味合いで名付けられています

知識を付ける事で非常に不思議な撮影が可能になったりします

しかし当メンバールームは大人の好奇心を満たす知的な集団です

記事は楽しめるよう面白おかしく紹介してる部分は有りますがあくまでも知的好奇心を満たすための紳士の社交場ですので法の許す範疇で撮影はお楽しみください


今後のメンバールームスケジュール

今回の記事で紹介したように黒い物を透けさせているという事は黒い物でレンズを覆えば完全にレンズを隠して撮影が出来ちゃいます

今月メンバールームで実画像を載せましたが全く違う素材で全く違う色の物を1インチセンサーの高画質カメラのレンズを隠して撮影したものを掲載しました

告知通り来月末から10月中旬に向けて販売予定です

その後はさらにまた全く違う方法でレンズを隠して撮る技をお披露目予定です

是非証拠撮りに活用して頂ければと思います

万引き被害が大きいという事はテレビで目にした事が有る人も多いと思いますが色々な撮影相談を頂くとどうやら内引きと言われる内部犯行での被害に頭を痛めている経営者の人が多い事が分かりました

・レジのお金が合わない
・倉庫の商品が無くなっている

とかも一部では結構深刻なようです

万引き対策であれば防犯カメラを設置して抑止効果を狙いさらには被害に遭えばその映像を確認することが出来ますが従業員などの内部犯行の内引きの場合は防犯カメラをあからさまに取り付けたのでは信頼関係が崩れたりまたは今までレジから沢山盗まれたお金を犯人を特定し弁済させたい時には見えないように証拠撮りカメラを設置しておくことが求められると思います

そのような目的の設置の場合は今後メンバールームでお披露目する方法とグッズを使えば色合いを変える事無くカラーで完全にレンズを隠して設置が可能ですので是非当メンバールームで知り得た知識を治安維持や平和利用にお役立ていただければ幸いです






今年の夏は暑いがメンバールームはもっと熱い



Posted on 2019/08/22 Thu. 04:57 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

スマホの悪魔改造と活用のお話 


今回はスマホの活用の仕方の事などを発信したいと思います

現在会員のトッポさんがあいぽん魔改造ノートという商材をPコレで販売されています

改造のやり方やポイントを支援する形で私もメンバールームで発信をしております

201810170a.jpg


こちらはiPhone5sを分解してカメラユニットを外す説明をした時の画像です

レンズを全く見えなくして任意の角度に設置しなおして使うのはまさに魔改造と言える便利な改造方法でメンバーの皆様にとても人気です


201810170b.jpg


私はさらにトッポさんの改造に手を加えて魔改造を通り越した悪魔改造として自分の所有機の改造の事を先月発信いたしました

これはiPhone6sのスピーカーです

本体から取り外して絶縁して元に戻しました

つまりスピーカーカットです

無音アプリを使えばシャッター音が鳴らなくて良いですが画質が落ちるのが嫌で標準のカメラアプリを使って無音撮影が出来るよう改造しました

改造iPhoneは通信機としては使っていません
あくまでも撮影機材として私の場合使用しております

iPhoneはアクティベートSIMが無いとダメかと思っておりましたしappleIDを設定しないと使えないかと思ってましたがSIM無し設定無しで使えました

さらにアップルウオッチも何の設定もしていない改造iPhoneとペアリング出来ましたのでシャッターを腕で遠隔操作出来ます

この辺のやり方とかはメンバールームで公開しておりますので今後ご入会される人はご参照ください

アップルウオッチで遠隔操作できるようになったのは良いのですがウオッチからシャッター音がしてしまいます

アップルウオッチも改造してスピーカーをカットしてしまえば・・・とも思いましたが簡単に上手くいく方法を考えてみました

その方法はこのブログ発信後1週間以内程度を目途にメンバールームで会員の皆様に公開したいと思います


2018101701.jpg


最近は所有するスマホの数もだいぶ増えて色々と活用しております

その活用方法の一例をご紹介したいと思います

こちらはゲオで中古で購入したエクスペリアです
価格は6800円でした


2018101702.jpg


背面のパープルがとても美しいです

静止画もビデオも撮れてWI-FI接続でYouTubeを見たりキンドルで電子書籍を読んだり防水なので風呂に入りながら動画を楽しんだりフルセグチューナーなので綺麗な画面でTV視聴したりと使い道が非常に多くてコスパ抜群です

カメラも背面照射CMOSで綺麗に撮れます

今回はカメラ撮影の活用についてお話します

スマホの筐体が完全にスクエアタイプで真っすぐでまっ平なので非常に使い勝手が良いです

レンズ部分が筐体の角に有るというのも都合が良いです


2018101703.jpg


自作という程おおげさな物では有りませんが今回はこのような撮影装置を作ってみました
ビスで止めるタイプの三脚スタンド的な物を板に取り付けました


2018101704.jpg


このように取り付け台の横幅で板を切り黒いテープを貼って取り付けて自撮り棒の頭の部分だけ使いスマホが載せられるようにしました


2018101705.jpg


この装置を作った理由ですが分解や改造動画を撮影するためです

組み立てるときに

「あれっ?どうだったっけ」

って時に見直せますしメンバールームで改造の解説をする際に動画から静止画を切り出せばポイントを説明するマニュアルを簡単に作れます

分解する機器と自分との間に撮影カメラを置き手順を撮りたいのでこの自作スタンドを作りました

でもこのままだと被写物が大きくなりすぎて全体が撮れず不便です



2018101706.jpg


そこで活躍するのが超広角セルガレンズというこの商品です

ドンキで500円という安価で売っていて買ってきたのですがとても気に入りました

0.4倍というとても凄い広角なのにエッジの歪が少ないんです


2018101707.jpg


スマホとフィギアの位置が全く同じままでこの広角レンズを付けてみます


2018101708.jpg



広角レンズを取り付けて撮ったところです

フィギアの全身が入るようになりました

スマホのレンズからフィギアの顔までの距離は約17cmです

フィギアの背丈は約14cmです

この近距離がここまで広角に撮れれば作業台の上で通常の作業姿勢で工作をしながらその様子を録画することが出来ます

ウエラブルカメラだとモニターが小さくカメラの画角も2通りしか選べなかったりするのでスマホはとても好都合でした


2018101709.jpg


被写物の顔まで17センチのレンズ距離で0.4倍の広角レンズを付けるとどのくらいの範囲が写るようになったかご覧いただきたいと思います

まず左側です

マジックを立ててみましたがここまで写ります

分かりにくいかもしれませんがスマホ画面のマジックの形にご注目下さい

少し弓なりになって歪は有りますが0.4倍で画角のエッジでこれだけしか歪が出ません
これは感動しました

中央部分においては全く超広角レンズを付けている事を感じさせない普通の映像で撮れます



2018101710.jpg



右側もこの通りでここまで写ります

飛車物の顔まで僅か17センチでこの広い範囲が写りしかもエッジ部分の歪が少ないので何個か今まで試したワイドレンズの中では改造する手もをと映すにはこれが一番適してました



2018101711.jpg


この撮影状態のスマホを横から見るとこのような角度です

この撮影だけなら台座にした板を細長くする必要は無かったのですが長くしたのはマクロ撮りの際のスタンドにも使うためです


2018101712.jpg


マクロ撮りにはエレコムの自撮りレンズを選びました

広角0.67倍とマクロが撮れるというレンズですが広角は前述したレンズを使うのでこの商品はマクロレンズだけ使います



2018101713.jpg


マクロレンズを取り付けてアームをぐっと倒して被写物に近づけるとこのような距離になります

今は後ろ側を手で押さえています


2018101714.jpg


手を離すとフロントヘビーでドテっと倒れてしまいます


2018101715.jpg


これを防ぐために重りを載せられるように板を長くして台座を作りました

こうする事で通常撮りもワイドもマクロも撮影する時の台座として使えます


2018101715a.jpg


マクロレンズを付けてiPhone上部を映している所です


2018101716.jpg


トリミング画像となりますが肉眼では細かすぎて全く読めないiPhoneのカメラの背面に印刷されている英数字がしっかり確認出来るようになりました




2018101717.jpg


次にご紹介するのはLEDマルチレンズというものです

リサイクルショップで700円で買ってきました

どうやら市販価格は2300円位みたいです


2018101718.jpg


こちらもワイドとマクロが撮影出来るものなのですがレンズは気に入らなかったので使いません

使うものは左下のライトです

充電池内蔵でUSB充電が出来て点灯させると3段階の明るさを選んで点灯が可能になります


2018101719.jpg


点灯させると白色LEDの中に4つ電球色のLEDが混じってます

これにより照らした被写物が寒々しい白にならずに自然な色合いで写せます

このレンズキットはこの照明だけを使っています


2018101720.jpg


現在これを小箱に入れて工具箱に収納しております

1^0.4倍の広角レンズ
2^エレコムのマクロレンズ
3^LEDライト

です

この組み合わせが分解作業の際の記録撮りに現時点では重宝しております


■メンバールームはプロ養成所?

最近は難しいであろうと思っていた改造を次々と成功させて自分で改造を楽しむ会員さんが増えてきました

私の改造CDを参考にされたり会員のトッポさんの改造マニュアルを参考にされたりしながら掲示板でも改造やカモフラの情報交換が活発で60倍ズームのカメラをスケスケ改造したりゴープロを分解してリメイクし靴カメにしたりウエラブルカメラをピンレンズ化したりと皆様の投稿には驚くばかりです

今年度からスキルをお持ちの会員さんにはメンバールームで改造受付や改造機の販売などをされる事を解禁しましたので益々会員さんの改造熱は上がってくると思います

私も強力に皆様の活動をバックアップするために改造手順や工具の事やポイントなど解説に熱を入れております

今後も皆様がご自身で機器が自由にいじれるようになるよう支援解説を続けていきます


■ カモフラ

並行してカモフラの作り方も具体的な作り方を解説しており先日はレンズが全く見えなくても写せる仕込みをご紹介いたしました

さらにレンズが見えないのに肉眼より明るく撮れるようになる追加技を今後1週間以内に発信しますのでご注目下さい

本日も早速私のカモフラ制作解説を見てご自身で工夫して完成させたカモフラ画像を会員さんが投稿して下さいました

さらにこの分野は活発に皆で交流を深めて我々だけが高度な撮影方法が実践できるようにしたいと思います


■ Pコレ作者の売上額は幾ら?

メンバールームの取り扱うテーマの性質上Pコレ作者さんなど動画販売の人が沢山在籍されております

販売者さん同士の交流が盛んなのも当サイトの特徴ですが他では知り得る事が出来ない作者さんのやり取りを見る事が出来るのもメンバールームの特徴です

8月のセールの時はとても売れたという人や新参だからセールに参加できなかったとか参加できるんだけどしなかったとかどんな結果になったかなどの作者さん同士の掲示板でのスレッドが伸びて私も興味深く拝見してました

このような事を知り得ることが出来るのも当サイトの楽しみです


■ 価値観の変化


現在世の中では断捨離とか最小限の物だけを持ち過ごすミニマリストという人なども出てきて物品より価値観のほうが重要視される時代になって来たように感じます

当サイトは少々入会金が高くて入るにはハードルが気になる人も多いでしょうが当サイトは絶対に他では知り得ることが出来ない知的財産や価値を得られるのが最大の魅力です

特殊機材や撮影が好きな人なら今までと全く違う世界が広がります

是非我々と一緒に楽しみませんか?






突然人生が楽しくなる情報盛りだくさん仲間も沢山いるメンバールーム
ご入会はバナーをクリックして「入会ご案内」にてご確認ください















Posted on 2018/10/18 Thu. 02:20 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 2

動画視聴の小技紹介 

オフハウスに行ってきました

2018100701.jpg


インテリアフォトフレームというものを見つけました

価格は54円


2018100702.jpg


裏を見ると・・・

むむ、ダイソーと書いて有ります

台座が少し気になってこの値段ならと買いました


2018100703.jpg



買って開封してみると指で示した溝の部分にガラスと板の間に写真を挟んで立てかけるスタンドになってました

きっとこれがスマホのスタンドに流用できるはず・・・



2018100704.jpg


Iphone6sを置いてみます


2018100705.jpg


ばっちりでした


2018100706.jpg


横から見るとこのような角度になり卓上の視聴に都合の良い角度になりました


2018100707.jpg


裏はこんな感じでとても軽量で小さいのでカバンに入れて持ち歩くのも苦になりません

へたに折りたたみ式のスタンドとか持ち歩くより軽くて邪魔になりません

しかも定価で買ってもダイソーの製品なので108円の台座です

落として無くしてもも涙流しながら探しまくらなくても諦められます

ガラスはまた違う事に使い道が有りそうです


■最近のメンバールームは

この夏は会員のトッポさんがPコレであいぽん魔改造ノートという改造方法を詳しく解説した販売物を発売されました

会員の皆様も今まで改造に縁が無かった人が挑戦を始めて結構上手くやっている人が増えてきました

私は魔改造あいぽんをさらに手を加えて悪魔改造にして皆様にお披露目しました

昨日は悪魔改造あいぽんを遠隔で映像モニタリングしながら何のアプリも導入せず標準アプリカメラで無音でシャッターが切れる方法をお披露目しました

さらに会員の皆様に異様に普及している人気カメラのカメラレンズを完全に隠しても肉眼より明るく撮れる模造を紹介いたしました

こちらは掲示板に投稿の多い人や当サイトに貢献度の高い人に無償プレゼントを10名くらいに配布する準備を開始して先日告知いたしました

メンバールームは過去にないほどの最強の濃い情報交換が行われています

もはやこのブログなど更新している場合では無いという感じですがもうちょっと新たな仲間に来ていただこうかと思います

最高の楽しみがリアルタイムで楽しむためにも是非今のタイミングでおいで下さい

但しこの面白さにハマるともう2度と足が抜けないかもしれません





ちょっと凄すぎRMSメンバールーム



Posted on 2018/10/07 Sun. 23:09 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

この威力まさに凶器 超望遠撮影機材 


今回は超望遠撮影カメラのお話です

2018081201.jpg


メンバールームで現在話題にしているカメラで撮影した画像です

こちらも間もなく手に入らなくなりそうなのでブログで話題にしておくことにいたしました

まずはワイド側での撮影です

特設イベントステージの上でおねーさんが4人出演しております


2018081202.jpg


ぐぐーっとアップにしていくと1名のお姉さんの顔がここまでドアップに出来ました

この望遠でも凄いのに驚くのは次の画像です



2018081203.jpg



ご覧ください

おねーさんが持っているマイクのシリアル番号まで読めてしまいました

A24 776.......

凄くないですか?

もう1つビックリする事を白状するとこの撮影は私は手持ちでカメラを構えています

女性のほうは手でマイクを持っています

今一度最初の画像をご覧いただきたいのですがこの距離で手持ちで動く被写体の手に持つマイクの小さいシリアル番号が読めてしまう撮影が出来ました

感動して涙が出そうになりましたが今度は下半身から我慢が出来ず汁がにじむような撮影がしてみたいです

この望遠の威力は当サイトが改造したとか入会しないと買えないとかという物では無いのですがこの秋から大活躍させるためのオリジナル改造パーツの販売をしようと企んでいます

しかしベースになるこのカメラも間もなく買えなくなりそうで
もしかしたら安定した良いものを買えるのは今月いっぱいかもしれないと少し焦ってます

先回の発信でお見せしたスケスケなど何でも出来るメンバーさんに超人気のカメラも在庫が無くなれば供給不可でこのカメラも間もなく買えなくなりそうです

どちらのカメラもこれからどんどん活用技やオリジナルパーツを展開していこうと思いますが今後入会される会員さんが肝心のカメラが買えないのでは指を咥えてうらやましがるしかない状態は少しでも回避したいのでいずれ入会しようと考えていて下さる人に入会を今決断して頂いたほうが絶対に今後の楽しみが違ってくるので今回も告知の意味での発信です

今回のカメラもご予算は4万円代でおおむね45,000円前後が武装価格になろうかと思います

今回ご紹介したカメラが有ればアップでイベントを撮りたい時は3列目とか4列目とか中途半端に前のほうで構えるなら離れた高いところからのほうが足元まで全身を撮れて顔もアップに出来て非常識な場所が特等席になるかも知れません

当サイトの入会金は1度上がると2度と戻した事が有りませんので

「いずれ入会を」

とお考えの人は是非お早めにおいでください

情報は生ものですので鮮度が命です

無料で誰でも簡単に手に入る情報など幾ら集めても面白くないでしょう

一緒に楽しみましょう





間違いなく最強 RMSメンバールームへあなたも是非

ご入会は上のバナーをクリックしてページ中央のご入会案内をご覧ください


Posted on 2018/08/12 Sun. 03:55 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

プロが本気で取り付けるダミーカメラのお話 


今回は某氏からダミーカメラの取り付けを依頼されたのでその事などお話したいと思います

2018042601.jpg



左が屋外設置用のダミーカメラで右が屋内天井用のダミーカメラ2台です

どちらもAmazonでの購入です

2018042602.jpg


まず右の天井取り付け用のダミーカメラですが2台で1,880円でした

防犯ステッカー付です


2018042603.jpg



この付属しているステッカーなのですが単品で1セット(3枚)が645円で販売していてこれが2セット付きなのでステッカーだけ2セット買うと1,290円するのでダミーカメラ2台のステッカー付で1,880円のほうが断然割安です

以前アルソックのステッカーの話題をブログで致しましたがその時に変にステッカー貼るとハッタリだとバレて逆に狙われるので危ないだろうというお話を致しました

何故今回またステッカーなのかですがダミーカメラ取付を依頼して下さった人の強い意向でこれが貼りたいという事で購入しました

ちょっと遠めに見ればセコムの防犯ステッカーぽくは見えますが・・・

ちなみに今回の記事は設置後の画像を乗せないという事で依頼者の許可を得て書いてます


2018042604.jpg


こちらは屋外設置用のダミーカメラです

これにもステッカーが付いてますが絶対にこれは貼らないほうが良いと強くアドバイスして私のほうで回収をさせて頂きました

なんかオーストラリアの鹿に注意みたいな標識に思えます

こんなの貼ったら

「このカメラ偽物です」

とシグナルを出しているような気がします


2018042605.jpg


今回このダミーカメラを私が選んだ理由をまずはお話致します

コードに見えるダミーのチューブが付いてるんですよ

配線も無くアンテナも無いとダミーだとバレてしまいますがこれが有ればかなり違うと思います


2018042606.jpg


取り付け説明にはこのように穴に通して建物に差し込めば本当のカメラに思えるT書いてあります

しかし取り付ける壁にダミーの為に貫通穴を開けたくは有りません


2018042607.jpg


そこで考えました


この部分を壁に穴を開けて挿さなくても壁に入っているように見える方法を


2018042608.jpg



コードに見えますが中が空洞のゴムチューブなのでこのようにカクッと折り曲げることが出来るんです




2018042609.jpg


そこでこのチューブを丁度良い長さでちょん切っちゃいました



2018042610.jpg


そしてテープで台座の裏にこのように貼りつけて留めました


2018042611.jpg



このまま壁にこのように付ければネジの取り付けだけで壁の貫通はさせなくても実際に配線がされているカメラに見えます



2018042612.jpg


上部に太陽光パネルが有ります



2018042613.jpg


バッテリーが無くてもこのように点灯します

正確には点滅です

この画像の撮影場所は日陰ですが微弱なLEDを点灯させるには自然光が有れば充分なようなのでどこに取り付けていても昼間なら点滅してくれます


2018042614.jpg


背面の蓋を開けると乾電池を2本入れられるようになっていて電池を入れれば夜もLEDが点滅するので防犯効果が狙えます



2018042615.jpg


上面のカバーと本体の間を見ると太陽光パネルの接続のコネクターがみえます

長持ちするように防水処理をしました


2018042616.jpg


他に手を加えたところはここです

ネジをしっかり締めても動くので水色の矢印のところに汁を流し込んで動かないようにしっかり固定しました

赤い部分ですが本物のカメラならこの大きさで赤外LEDがこれだけ付いていればそれなりの重量ですので4ミリのスチルボルト1本で固定されていると見る人が見れば怪しまれます

差しさわりが有るので加工後の画像はお見せできませんがシルバーの蓋を作り塞ぎました

まぁそこまで念を入れなくても高い位置に付ければ近くで確認が出来無いのですから良さそうですが我々は調査の為に美術館で作品を見る時に使う短眼鏡などは七つ道具として持ち歩ているのでしっかり作り込まないと見る人が見ればダミーだとバレてしまいます

設置後の画像がお見せできずで恐縮ですが付ける場所も重要です

建物の角に着けるとこのコードの入り方はおかしいです

木造なら柱を貫通しなければなりませんし鉄骨ならここにコードを入れること自体が不自然なのでその場合はコードに見える部分は壁側に本当に穴を開けて建物に挿すか防水ボックスを外壁に付けてそこに入れるかなど偽装工作をしないとバレます

今回は柱を逃がしたところに取り付けているのでこの位置でコードに見えるチューブをそのまま台座に入れています

多分今回の取り付けたこのカメラは見る人ほとんどが本物だと感じるんじゃないかなと思います

ちなみに無線で飛ばすタイプの防犯カメラならアンテナの形状を見ればどの周波数か推察が出来ます

ラジオのアンテナみたいに伸ばすタイプだと長いとVHF帯、短いとUHF帯、ギガヘルツだとコーリニアタイプのアンテナで1.2Ghzですと波長からして大体5センチかその倍数、2.4Ghzですと2センチちょっとの倍数という具合で検討が付きますので専用の受信機でサーチすれば本当に電波が出ていれば確認が出来ます

深く考えて作られていないアンテナ付きのダミーカメラなら形状をしっかり見たりとか受信機で映像確認しなくてもダミーだとすぐ分かってしまいます


2018042617.jpg


さて今度はドーム型ダミーカメラです

作りはかなりチープですが天井に付けるので遠めだと質感は分かりにくいと思います


2018042618.jpg


取り付け部分はこのようにビスを2本天井に付けて引っ掛けて留めるようになっています


2018042619.jpg


単四電池2本を入れてダミーランプを点滅させます


2018042620.jpg



こんな感じで光ります

透明のドーム型カバーが反射を抑える処理が全くしておらず周りが映り込みすぎて見る人が見ればちょっとこれは怪しいかなと・・・


2018042621.jpg


天井にネジを取り付けなければなりませんがネジを付けるための型紙が入っていてくれれば良かったのですがそのような気の利いたものが付いていなかったのでネジピッチを計測してビスを取り付けます

取り付けるビスの間隔を計る際にこのようにすると便利ですというやり方を説明します

穴の中心同士を図ろうとすると誤差が出るので穴の右端同士とか左端同士を計ると正確な寸法が出ます



2018042622.jpg


ちょっと分かりにくいかも知れないのでノギス(測定器)を離して図解で説明しますね

赤いラインで示したように穴の右側同士の長さを計測します

左側同士でも構いません

そして図る場所は長孔の直線が終わってRになる寸前の部分同士を計ります

この計り方で寸法を出してビスを取り付けるとピッタリと楽にはめられるようになります


2018042623.jpg


防犯カメラとは関係無いですがセンサーライトの取り付け部分なども用いて便利な測り方をもう少し説明します



2018042624.jpg


このように右同士をこれも計ればバッチリですがノギスを持っている人って少ないですよね?



2018042625.jpg



安価なメジャーで正確に測る方法を説明します

巻き尺とか色々な呼び方が有るかもしれませんが今回はこの黄色い長さを計るものを

「スケール」

と称して説明します


2018042626.jpg


この場合はネジのくぼみ穴が有るのでスケールの先端を穴に入れて引っ掛けて計れば右端同士が正確に測れます


2018042627.jpg


このようなスケールは先端の金具の部分が少し遊びが有り動くようになっています



2018042628.jpg


先端の動く幅の量はこの部分の厚みです

何故動くかというと


2018042629.jpg


箱もののような物を計測する際に外側を計る時はこのようにスケールの先端を引っ掛けて伸ばして計ると正確にはかれます


2018042630.jpg


内側を計る時はスケールの先端をこのように突き当てると先端の曲がった部分の厚み分が縮み正確な内寸が測れるようにするために先端が少し動きます

ここまでは多くの人がご存知だと思いますがここからが覚えておKと便利な知識となります


2018042631.jpg


ではステッカーを計ってみましょう

スケールの端っこをステッカーの端に合わせると長さが109ミリです

しかしこの計り方では正確な長さが出ません



2018042632.jpg



平らなものを計ろうとするとこのように先端の出っ張りが浮くので誤差が生まれてしまいます

定規で計れば良いでは無いか?

と言われればそれまでなのですがでも50センチとか1メートルとか2メートルとかをこのような平面で測るにはそこまで長い定規を持っている人は少ないと思うんですよ

そんな時にこれから説明する方法で測るととっても便利なのです


2018042633.jpg



スケールで平らな面を計る時はこのようにして測ると良いんです

先端を計りたい所に合わせると浮いて狂うので10センチの位置を基準にして計り始めるとスケールが平らになります


2018042634.jpg


この計り方の良いところはスケールが平らになるだけでは無く10センチの所をゼロの基準とする事で矢印で示した上と下の部分を正確に測定したいものに合わせると計りたい物体の中央から測ってもスケールが曲がらず真っすぐになるので誤差なく測れるんです




2018042635.jpg



御覧の通り反対側は210ミリのメモリが上下ともピッタリ合っているのスケールが全く曲がっておらず正確に計測出来て居ることを示しています

100ミリの所からスタートしてますのでその分を引いて実測110ミリという事になります

最初の測り方だと109ミリでしたので1ミリの誤差が出ていた事になります


2018042636.jpg


この計り方はとても便利なので是非皆様活用してください

先ほどのセンサーライトの穴を同じやり方で計ってみました

長穴の右端同士を計ってます

85ミリの間隔でビスを取り付ければ正確に設置が出来ることになります



2018042637.jpg


今回のブログの題名は

「プロが本気で付けるダミーカメラ」

ですがプロって誰?って話ですが私です

まぁ世間では大体自分の事を自画自賛する人ってロクな奴じゃ無いと思われがちのような気もしますが私自身ロクでも無い奴だという自覚は有りますので


2018042638.jpg


私は本当に防犯システムの仕事もしております

侵入者を発見するセンサーの熱感知システムの取り付けや火災警報システムなどしていたりもする技術者です

天井裏の電源が取りようも無い所で既存の電源ラインから家庭用100Vや工業用200Vなどの電気が流れているままのラインから通電を止めることなくバイパスを取って電源を取り出すような事も可能ですし国家資格も持っております

テレビで盗聴器発見番組などでコンセントボックスの中から盗聴器が見つかるシーン等が有りますが必ず電源がコンセント裏の配線の被服をカッターで剝きそこにわに口クリップで盗聴器が取り付けてありますが実際の現場シーンでは違う取り付けられ方をしている場合が多かったりします

でも国家資格者では無い人が電源ラインを弄ることは法律に触れるのでテレビで放送できませんから法に抵触しないようワニ口クリップを外して盗聴器を撤去というシーンにどうしても偏ってしまいます

どなたでもご覧いただけるブログで余計な事を書くとまた敵を作ってしまいそうですが探偵社様とは沢山の人とお付き合いさせて頂いているのでこの位まではご勘弁いただければと思います

事務所の窓などに開閉を感知するマグネットスイッチなどが取り付けてあるところは多いですが建物が完成してから針の穴のような細い穴をめがけて配線を壁の中に入れたりするのも得意です

他の専門業者がお手上げでさじを投げた案件などの特殊工事なども多数させて頂きました

2018042639.jpg


当メンバールームは日本で唯一のオンリーワンサイトだとかなり以前より公言しておりますが何故そこまで言い切るかですが通常は特殊な知識の有る施工技術者は特殊カメラや特殊撮影の解説をするサイトなど作る筈が有りません

しかし私はその禁断の世界に手を掛けてしまいました

それがRMSメンバールームなのです


何故当メンバールームが開設早期段階から日本ナンバーワンでオンリーワンだとリサーチや検証をしないうちから公言しているのかが今回の発信で少しお分かりいただけたのでは無いかと思います

特殊なカメラの設置や施工や模造などは私の業務の中では簡単な部類に入りますのでその得意な分野にスポットを当てて運営しております


■ 入会者数人数制限について

特殊な事は一部の人しか知らないから特殊なのであり多くの人が知ってしまえばそれは汎用の知識となってしまいます

以前から当サイトは人数のリミットを

「宝くじで今まで高額当選した人数を超えないようにする」

と申してきましたがその具体的な人数を示したことが有りませんでした

会員さんは掲示板に表示される参照数で人数の増減が把握できますが何人まで募集したら止めるかを今年はメンバールームにて明確に示したいと思います

入会したいけど個人情報の管理は大丈夫なのか?
と心配する人が良くいらっしゃいます

でも何も心配することは有りません

何故なら心配ならご入会を見送って頂ければ心配の種は消えます

条件が厳しいので入会して下さる人は当サイトを見つけると

「ここだっ」

と思い是非仲間に入れて欲しいと入会を希望してくださいます

こうして良い仲間が集い掲示板は発展しこうしている今も書き込みや投稿は増えて発展しております

恐る恐る近づいて入られる人が居るとどうしても入りたいという人を制限しなければならなくなりますので本当に特殊撮影が好きだったり興味がある人にだけ来て頂けるよう入会枠は空けておきたいという運営事情が御座います

当メンバールームは特別なサイトです

他では絶対に知ることが出来ない情報、仲間との交流を楽しんで頂ければと思います






誰も教えてくれなかった事を知る事が出来る唯一のRMSメンバールームへ入会できるうちに是非

Posted on 2018/04/26 Thu. 20:51 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS