FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

リアルマジックショット管理人のブログ

 ■  特殊撮影マニア ■

購入■Echo Show (エコーショー) 第2世代  


9月に注文していたアレクサエコーショーが届きました

2018121201.jpg



アマゾンの端末って新型は予約注文しておくとスゲェ安いんですよ


2018121202.jpg


価格は19,701円でした

発売日の本日の価格が27,980円ですから
8,279円も安く買えました


2018121203.jpg


しかも明るさと色を音声操作できるスケベ電球付きです

今回のエコーショウの購入でこれでエコーシリーズの所有は3台目となりました

呼びかける時は

「アレクサ」

と言わず

「あれ臭い」

と呼びかけてあげても反応します

これでアンドロイドにiOSも有るので

「包茎Google」

と叫んだり

「ヘイ尻」

と叫んだり

「あれ臭い」

と叫んだり

話し相手が増えました

また楽しくなりそうです

では早速これからエコーショウをセットアップしてみまショウ






おまたせしました現在新規メンバーさん募集中です
上のバナーをクリックしてRMS・HPの中部にご入会案内御座います



スポンサーサイト

Posted on 2018/12/12 Wed. 18:08 [edit]

ドキュメントスキャナiOCHOW S1購入 


本を裁断せず読み込めるスキャナー買ってみました

2018120701.jpg


以前スキャンスナップSV600が出た時に凄く気になって欲しい気持ちは有ったのですが価格と置く場所や使用頻度など考えると触手が伸びす購入には至りませんでした


2018120702.jpg


でもその後も気になっていて現在発売中のミスターPC1月号の101ページに
iOCHOW S1が紹介されていて価格も19,800円とリーズナブルです


2018120703.jpg


気になるなぁ~と思っていたらなんとその2日後にアマゾンのタイムセールでこの商品が売られました

価格はなんと15,895円とさらにリーズナブル

思わずポチってしまったのでちょっと紹介いたします


2018120704.jpg


外箱がこんな感じで無骨でいかにも事務用品的な感じがして私は逆に綺麗な写真が載っている上質なパッケージより好感が持てます


2018120705.jpg


では開封


2018120706.jpg


事前にwebなどで少々情報を拾っていたので知っていた事ですが折りたたみ式でとても小さいです


2018120707.jpg


これが全部


2018120708.jpg


この商品はこのマットが重要な役目を果たしそうです


2018120709.jpg


マットの表面には薄くマークが有りスキャナーを置くところやA4とかそれぞれの用紙の置く場所がマーキングされています

経年劣化でもしこのマットがヒビが入りボロボロになればスキャンするのに支障が出るかもしれないので今度コンビニで一番大きなサイズでスキャンしてゴムマットにマーキングして同じことが出来るものを予備に作っておこうかなと思ってます


2018120710.jpg


このようにアームを起こしてスキャンします


2018120711.jpg


読み取り部分を見るとカメラが先端に有りLED照明が4つ埋め込まれていますが向きと光を反射させるためのリフレクターがまんべんなく均一に照らすように工夫された作りになっています


2018120712.jpg


USBの差し込みは昔ながらのというかスキャナーに多いタイプです


2018120713.jpg


外部電源は必要なくパソコンのUSB端子から給電ですが電力が足りない時の為に2つ差し込みが有ります



2018120714.jpg


使う時はこのようなスタイルになります


2018120715.jpg


そして収納はスキャナーを折りたたみマットを丸めれば場所を取らずに保管できます


しかしちょっと懸念事項も有りWEBで情報を拾っているとOSがウインドウズ7とMACでは動かないようです

私はウインドウズ10はディスクトップだけでノートは7とMACなのでディスクトップに繋いでこのマットを広げるスペースが有りません

買ったはいいけどどうするかなと思案中で折りたたみのディスクを出して利用してみようかと考えています

まだ通電した事は無く正月あたりに使ってみようかなぁ~と思っており今回の発信はとりあえず新し物好きの私が購入したというご報告です

でもホントはスマホのスキャナーアプリが凄く便利なので何も要らないのかなと思う部分も有ったのですが・・・






好奇心旺盛なRMSメンバールームにあなたも是非


Posted on 2018/12/07 Fri. 02:44 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

DSC-RX0専用社外品ケージご紹介 


ソニーのコンパクトデジカメRX0用の社外品のゲージのご紹介をします

2018111500.jpg


RMS会員の「ウェアラブルカメラ。ドローン」さんでSONY純正のゲージが紹介されています


DSC-RX0専用ケージ VCT-CGR1活用例!カメラを自由に取り付け
↑こちら

RX0は私も昨年から所有しておりメンバールームで紹介などもして物凄く気に入っております

先日「ウェアラブルカメラ。ドローン」管理人さんから純正のケージを見せて頂きとても便利そうなので私もケージ買いました


購入したものはアマゾンで販売中のANDYCINEの RX0用ケージです

同じものを買うのも面白みが無いので私は社外品を買ってみました・・・と言いたいところですが実のところは純正は高いのでこちらにしたというのが本当の所なのですが


2018111501.jpg


価格はその場で適用できる6%のクーポンを使って
7896円でした

純正よりも不便そうな部分も有りますが良い部分も有り何といっても純正の半額以下なのでこれはこれで有かなと思いご紹介いたします

結構いろいろな付属品が付いております


2018111502.jpg


一般的なカメラと同じ規格のシューです

アルミ製で肉厚でかなりしっかりしています



2018111503.jpg


取り付けはドライバーでしっかりと締めるようになっています

このパーツは今回のケージに付けて使う以外にも色々な事で使いまわせそうです


2018111504.jpg


カメラのシューに付けて重ねてカメラが付けられます

ケージを使わずビデオカメラのシューにこれを付けてRXOの本体のネジに付けると便利かなと思いました


2018111505.jpg


ゴープロなどアクションカムと同じ規格の物です


2018111506.jpg


37mmのレンズフィルターとレンズカバーです

フィルターがガラス製でしっかりしたものでした

ポリカーボネイトなどプラ系で無いのはグッドです



2018111507a.jpg


ではケージ本体を見てみましょう

何といっても撮影穴部分が37ミリのフィルター径になっているのがこの製品の特徴です



2018111507b.jpg


上面です

純正品は大きな切込みが有りRXO本体のボタンを押すようになっていますがこちらはカメラ本体のボタンを押し込むためのボタン(?)が付いています

取付穴はこちらのほうが純正より多くて端っこの穴を使えば純正では不可能な吊り下げ設置とか出来るような作りです



2018111508.jpg


カメラの固定はサイドのこのネジを締めておこないます



2018111509.jpg


内側にはネジの面圧を逃がすための白い樹脂板が有ります

RX0は頑丈なボディなのでそのままネジが当たってもびくともしないでしょうが傷防止かなと思います



2018111510.jpg


手で締めるだけで充分かと思いますが車やバイクに付けたりする際はマイナスドライバーで締め付けをしたほうが良いかもです



2018111511.jpg


底面です

こちらは上部と違い純正と比べると穴が凄く少ないです

これだけ有れば充分かなとは思いますが他の機材と組み合わせて撮影ユニットを組みたい時に微調整をするには純正のほうが断然良いと思います


2018111512.jpg


逆サイドです

こちらはコの字型に大きく開口が有り取り付け穴は3つです

純正を見せてもらった時は車で踏んでも全くびくともしないような作りでしたがこちらは万が一重量物で圧が掛かった時はどうなるかなと言う感じはします



2018111513.jpg


このケージの最大の特徴は何といっても37mmネジが付いた前面です

晴天の時に空をもっとはっきり青く撮りたい時にスカイライトフィルター付けたりフード付けてレンズに直接入る光を遮光したりと活躍しそうです


2018111514.jpg


ではRX0を装着してみましょう


2018111515.jpg


と、思ったら・・・

このストラップの根元の細い部分が通らずにこれ以上入りません

純正は確かそのまま入った筈ですが・・・

まぁそれだけタイトな寸法なのでガタつきが出ずぴったりフィットするのですがケージを脱着する都度にストラップを付けたり外したりするのは苦痛です

今度ストラップの逃げ道を自分で掘ってゲージを加工しようと思います


2018111516.jpg


ストラップを外して本体装着

当然と言えば当然かもしれませんがぴったりです

左の固定ネジを廻してしっかりと固定したところですがネジの内側の白い板を見てください

締める時にこの板が押されてバキバキと変な音がしながら閉まるので何か壊れているような音に感じますが問題ありません

いずれこの乳白色の板は外れるでしょうが問題無いでしょう


2018111517.jpg



カメラを固定するのがこのネジですのでここだとこちら面の三脚メス穴が思うように活用できずに不便です

純正のゲージみたいにちょっと工夫してほしかったです


2018111518.jpg


反対側はこのようになっています

バッテリーをゲージを外さず交換できるようにですが3つしかネジが無く
しかも前のほうだけでここで締めるとバランスが気になります

車載や移動などでは振動で後ろに倒れて来そうな気きがするのでバッテリー交換の時は
ゲージから一回外しても良いので中央とかもっと穴が欲しかったです


2018111519.jpg


お陰でバッテリーはゲージを外さず交換できます

この面のネジを使う必要性が無い人には便利かも知れません


2018111520.jpg


このゲージの特徴的な部分は37mm系のフィルターネジが付いている所です

37mmの各種フィルターやフードを付けたりなど色々と撮影の幅が広がりそうです

37mmの良さはminiDVテープを使うカメラに一番多いサイズでしたのでジャンクで沢山安くこの口径の物は買えるんですよね

今度テレコンなども付けて試してみたいと思います

2018111521.jpg


マイクを付けたりライトを付けられるアクセサリシューを付けてみましょう


2018111522.jpg


ちょっと電源ボタンとシャッターボタンが押しにくくなりますが便利そうです


2018111523.jpg



RX0を固定しているネジ側に一脚など付けてみたいと思うのですが固定ネジが邪魔で
取り付けが出来ません

やはりこうなりますよね


2018111524.jpg


上はこんな風に角に付けられますのでカメラ用品で無く汎用のステーなどで付ける際に
便利に利用できそうなのでこの点は純正ケージでは真似が出来ない部分です


2018111525.jpg


反対側にネジで留めようとするとこの位置ではカメラ本体では無く交換が出来る保護ガラスの
側面に締め付けることになるので少し不安が有ります


2018111526.jpg




ケージの固定が横からなので左右を自由にこのように取り付けるにはちょっと不便ですしネジ穴が少ないので横から取り付けて使う人には純正ケージのほうが有利です


2018111527.jpg


取りつけネジが有ってもこのようなものを使えば便利かも知れません

青い棒はスマホの自撮り棒の先のスマホ固定部分を取ったものです


2018111528.jpg


こんな風にネジを避けてしっかり締めこめます


2018111529.jpg


車に乗るときにこのようにして窓から出せば社外からタイヤの回転を車外から撮影したりと普段では撮れないアングルの撮影が可能です


2018111530.jpg


付属の37mmフィルターを付けてみましょう



2018111532.jpg



装着しました

ガラスのUVフィルターです

これでスローで水の入った風船を割ったりするシーンを撮るとカメラに水滴など掛からず守れるので破片や何か飛んできそうなような撮影では重宝しそうです

リンゴを矢で打つ時を取ろうとしてカメラに当ってもフィルターが割れても簡単に交換出来て本体のガラスを守ります

ちなみにRX0にも交換用のフロントガラスはオプション売りされています
高いですけど・・・・


2018111533.jpg


フィルターを付けているとレンズキャップが付けられます

汚れなくて良いですね

元々は純正ケージが欲しかったですが高くてこちらにしましたが純正では出来ないような使い方が沢山出来そうですので活用していきたいと思います





入会募集期間が短くてすいません。一応年末までは停止無しで新規会員さんの募集をしたいと思っています。増えすぎそうになればその限りでは有りませんが






Posted on 2018/11/27 Tue. 04:42 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

スマホの悪魔改造と活用のお話 


今回はスマホの活用の仕方の事などを発信したいと思います

現在会員のトッポさんがあいぽん魔改造ノートという商材をPコレで販売されています

改造のやり方やポイントを支援する形で私もメンバールームで発信をしております

201810170a.jpg


こちらはiPhone5sを分解してカメラユニットを外す説明をした時の画像です

レンズを全く見えなくして任意の角度に設置しなおして使うのはまさに魔改造と言える便利な改造方法でメンバーの皆様にとても人気です


201810170b.jpg


私はさらにトッポさんの改造に手を加えて魔改造を通り越した悪魔改造として自分の所有機の改造の事を先月発信いたしました

これはiPhone6sのスピーカーです

本体から取り外して絶縁して元に戻しました

つまりスピーカーカットです

無音アプリを使えばシャッター音が鳴らなくて良いですが画質が落ちるのが嫌で標準のカメラアプリを使って無音撮影が出来るよう改造しました

改造iPhoneは通信機としては使っていません
あくまでも撮影機材として私の場合使用しております

iPhoneはアクティベートSIMが無いとダメかと思っておりましたしappleIDを設定しないと使えないかと思ってましたがSIM無し設定無しで使えました

さらにアップルウオッチも何の設定もしていない改造iPhoneとペアリング出来ましたのでシャッターを腕で遠隔操作出来ます

この辺のやり方とかはメンバールームで公開しておりますので今後ご入会される人はご参照ください

アップルウオッチで遠隔操作できるようになったのは良いのですがウオッチからシャッター音がしてしまいます

アップルウオッチも改造してスピーカーをカットしてしまえば・・・とも思いましたが簡単に上手くいく方法を考えてみました

その方法はこのブログ発信後1週間以内程度を目途にメンバールームで会員の皆様に公開したいと思います


2018101701.jpg


最近は所有するスマホの数もだいぶ増えて色々と活用しております

その活用方法の一例をご紹介したいと思います

こちらはゲオで中古で購入したエクスペリアです
価格は6800円でした


2018101702.jpg


背面のパープルがとても美しいです

静止画もビデオも撮れてWI-FI接続でYouTubeを見たりキンドルで電子書籍を読んだり防水なので風呂に入りながら動画を楽しんだりフルセグチューナーなので綺麗な画面でTV視聴したりと使い道が非常に多くてコスパ抜群です

カメラも背面照射CMOSで綺麗に撮れます

今回はカメラ撮影の活用についてお話します

スマホの筐体が完全にスクエアタイプで真っすぐでまっ平なので非常に使い勝手が良いです

レンズ部分が筐体の角に有るというのも都合が良いです


2018101703.jpg


自作という程おおげさな物では有りませんが今回はこのような撮影装置を作ってみました
ビスで止めるタイプの三脚スタンド的な物を板に取り付けました


2018101704.jpg


このように取り付け台の横幅で板を切り黒いテープを貼って取り付けて自撮り棒の頭の部分だけ使いスマホが載せられるようにしました


2018101705.jpg


この装置を作った理由ですが分解や改造動画を撮影するためです

組み立てるときに

「あれっ?どうだったっけ」

って時に見直せますしメンバールームで改造の解説をする際に動画から静止画を切り出せばポイントを説明するマニュアルを簡単に作れます

分解する機器と自分との間に撮影カメラを置き手順を撮りたいのでこの自作スタンドを作りました

でもこのままだと被写物が大きくなりすぎて全体が撮れず不便です



2018101706.jpg


そこで活躍するのが超広角セルガレンズというこの商品です

ドンキで500円という安価で売っていて買ってきたのですがとても気に入りました

0.4倍というとても凄い広角なのにエッジの歪が少ないんです


2018101707.jpg


スマホとフィギアの位置が全く同じままでこの広角レンズを付けてみます


2018101708.jpg



広角レンズを取り付けて撮ったところです

フィギアの全身が入るようになりました

スマホのレンズからフィギアの顔までの距離は約17cmです

フィギアの背丈は約14cmです

この近距離がここまで広角に撮れれば作業台の上で通常の作業姿勢で工作をしながらその様子を録画することが出来ます

ウエラブルカメラだとモニターが小さくカメラの画角も2通りしか選べなかったりするのでスマホはとても好都合でした


2018101709.jpg


被写物の顔まで17センチのレンズ距離で0.4倍の広角レンズを付けるとどのくらいの範囲が写るようになったかご覧いただきたいと思います

まず左側です

マジックを立ててみましたがここまで写ります

分かりにくいかもしれませんがスマホ画面のマジックの形にご注目下さい

少し弓なりになって歪は有りますが0.4倍で画角のエッジでこれだけしか歪が出ません
これは感動しました

中央部分においては全く超広角レンズを付けている事を感じさせない普通の映像で撮れます



2018101710.jpg



右側もこの通りでここまで写ります

飛車物の顔まで僅か17センチでこの広い範囲が写りしかもエッジ部分の歪が少ないので何個か今まで試したワイドレンズの中では改造する手もをと映すにはこれが一番適してました



2018101711.jpg


この撮影状態のスマホを横から見るとこのような角度です

この撮影だけなら台座にした板を細長くする必要は無かったのですが長くしたのはマクロ撮りの際のスタンドにも使うためです


2018101712.jpg


マクロ撮りにはエレコムの自撮りレンズを選びました

広角0.67倍とマクロが撮れるというレンズですが広角は前述したレンズを使うのでこの商品はマクロレンズだけ使います



2018101713.jpg


マクロレンズを取り付けてアームをぐっと倒して被写物に近づけるとこのような距離になります

今は後ろ側を手で押さえています


2018101714.jpg


手を離すとフロントヘビーでドテっと倒れてしまいます


2018101715.jpg


これを防ぐために重りを載せられるように板を長くして台座を作りました

こうする事で通常撮りもワイドもマクロも撮影する時の台座として使えます


2018101715a.jpg


マクロレンズを付けてiPhone上部を映している所です


2018101716.jpg


トリミング画像となりますが肉眼では細かすぎて全く読めないiPhoneのカメラの背面に印刷されている英数字がしっかり確認出来るようになりました




2018101717.jpg


次にご紹介するのはLEDマルチレンズというものです

リサイクルショップで700円で買ってきました

どうやら市販価格は2300円位みたいです


2018101718.jpg


こちらもワイドとマクロが撮影出来るものなのですがレンズは気に入らなかったので使いません

使うものは左下のライトです

充電池内蔵でUSB充電が出来て点灯させると3段階の明るさを選んで点灯が可能になります


2018101719.jpg


点灯させると白色LEDの中に4つ電球色のLEDが混じってます

これにより照らした被写物が寒々しい白にならずに自然な色合いで写せます

このレンズキットはこの照明だけを使っています


2018101720.jpg


現在これを小箱に入れて工具箱に収納しております

1^0.4倍の広角レンズ
2^エレコムのマクロレンズ
3^LEDライト

です

この組み合わせが分解作業の際の記録撮りに現時点では重宝しております


■メンバールームはプロ養成所?

最近は難しいであろうと思っていた改造を次々と成功させて自分で改造を楽しむ会員さんが増えてきました

私の改造CDを参考にされたり会員のトッポさんの改造マニュアルを参考にされたりしながら掲示板でも改造やカモフラの情報交換が活発で60倍ズームのカメラをスケスケ改造したりゴープロを分解してリメイクし靴カメにしたりウエラブルカメラをピンレンズ化したりと皆様の投稿には驚くばかりです

今年度からスキルをお持ちの会員さんにはメンバールームで改造受付や改造機の販売などをされる事を解禁しましたので益々会員さんの改造熱は上がってくると思います

私も強力に皆様の活動をバックアップするために改造手順や工具の事やポイントなど解説に熱を入れております

今後も皆様がご自身で機器が自由にいじれるようになるよう支援解説を続けていきます


■ カモフラ

並行してカモフラの作り方も具体的な作り方を解説しており先日はレンズが全く見えなくても写せる仕込みをご紹介いたしました

さらにレンズが見えないのに肉眼より明るく撮れるようになる追加技を今後1週間以内に発信しますのでご注目下さい

本日も早速私のカモフラ制作解説を見てご自身で工夫して完成させたカモフラ画像を会員さんが投稿して下さいました

さらにこの分野は活発に皆で交流を深めて我々だけが高度な撮影方法が実践できるようにしたいと思います


■ Pコレ作者の売上額は幾ら?

メンバールームの取り扱うテーマの性質上Pコレ作者さんなど動画販売の人が沢山在籍されております

販売者さん同士の交流が盛んなのも当サイトの特徴ですが他では知り得る事が出来ない作者さんのやり取りを見る事が出来るのもメンバールームの特徴です

8月のセールの時はとても売れたという人や新参だからセールに参加できなかったとか参加できるんだけどしなかったとかどんな結果になったかなどの作者さん同士の掲示板でのスレッドが伸びて私も興味深く拝見してました

このような事を知り得ることが出来るのも当サイトの楽しみです


■ 価値観の変化


現在世の中では断捨離とか最小限の物だけを持ち過ごすミニマリストという人なども出てきて物品より価値観のほうが重要視される時代になって来たように感じます

当サイトは少々入会金が高くて入るにはハードルが気になる人も多いでしょうが当サイトは絶対に他では知り得ることが出来ない知的財産や価値を得られるのが最大の魅力です

特殊機材や撮影が好きな人なら今までと全く違う世界が広がります

是非我々と一緒に楽しみませんか?






突然人生が楽しくなる情報盛りだくさん仲間も沢山いるメンバールーム
ご入会はバナーをクリックして「入会ご案内」にてご確認ください















Posted on 2018/10/18 Thu. 02:20 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 2

軽量枝切ばさみのお話 

今回は皆様お待ちかねの枝切ばさみのお話です



長年使っていた刈込ハサミの柄が折れてしまったので新たに枝を切るものと葉を切るものを購入しました

2018101001.jpg


枝を切るために買ったものがこちらです

ファミリーツリー 「新」 極太切 アルミ柄 一発切断 剪定刃仕様 GK-1N

という枝切ハサミです

説明では40mmまでの生枝が切れると記されています



2018101002.jpg


届きました

Amazonはそれにしてスゲェです

クリックして24時間以内に届くだけじゃなくこんな大きなものが送料無料で届いてしまいます

もし知人がタダであげるから送料だけ負担して、と言われたとしても送料だけで結構かかりそうですが安く本体の価格だけで買えるのですからびっくりです

日本の小売店がどんどん無くなるのも頷けます

10年後は街はどんな姿になっているのだろうか・・・


2018101003.jpg


持ち手はアルミで非常に軽くて切断歯の部分はこのようになっています

4か所のボルトの位置にご注目下さい

文房具のハサミのように単に手の動きに合わせて開いたり閉じたりするのではなく大きな力が掛かるように工夫されています



2018101004.jpg


秋になるといつも庭の剪定の手入れをチン毛が生え始めた時の事を思い出しながらしておりますが今回切った中で一番太い枝がこちらです


歯が1枚でもう片方が抑えるような構造になっているので切り口が真っすぐで綺麗な仕上がりです

両刃だと三角っぽく中央が盛り上がったりとかするのでこちらのほうが見栄えが良いです


2018101005.jpg


直径を測ってみるとおおむね34mm位でした

40mmの生枝が切れるという謳い文句もうなずけます


当ブログではサイト本来のテーマである特殊撮影とは全く関係無い話題も沢山発信していきますので是非お楽しみ臭い

それにしてもビラビラ舐める時に抜けた陰毛が口の中に1本入るだけでスゲェ違和感が有り急いで出したくなるあの異様なまでの違和感は何故なんだろうと思います

他の異物はあそこまで不快感が無いような気がするのですが私だけだろうか???

今度電車の中で口を開けて寝ている女性が居たらズボンの中に手を入れて陰毛を抜いてその女性の口の中に入れてみて他の人はどう感じるのか調べてみたいですか?





誰が最初にRMSメンバールームを「変態の巣」と言い始めたのだろうか?
ご入会はバナーをクリックして「入会ご案内」にてご確認ください


Posted on 2018/10/10 Wed. 23:50 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS