08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

リアルマジックショット管理人のブログ

 ■  変態ですいません(・_・) ■

1本糞カメラを作ろう(準備編) 



「カモフラージュカメラは自分で作る」

これは常々メンバールーム内で私が繰り返し申している事ですが本当に特殊撮の為の仕込みを用意するなら既製品は使わないというのが持論です

巧妙にカメラを仕込んだ既製品の置時計が有ったとします

部屋に仕掛けたいときにこれならバレないと思うのはこの世界を知らないビギナーの思考であり我々などマニアなら

「この形の置時計はカメラが入っているんだな」

と販売広告を見て知ることが出来るのでレンズが分かる分からないは関係なく遠くからでもその置時計を見ただけで仕掛けてあることがすぐ分かります

でも私が堂々と自分の主張を展開すると多くの人を敵に回してしまうのでメンバールームという隠れ家を作りそこに逃げ込み好き勝手な事を自由に制限無く発信しているので一般の皆様がご覧いただける当サイトの情報は

一体何をしているサイトなのか?

メンバールームには何が有るのか?

が全く分からない発信内容になっておりますが見る人が見れば

「これは入会しなくては」

というメッセージは伝わり継続的に特殊撮影好きの皆様にお入り頂いております

もう20年もやっているサイトでめちゃめちゃ入会ハードルが高いのにメンバールーム内のコンテンツは漏れません

つまりこれは対価に対して十分な価値が有り有益な情報サイトを皆が守ろうとしていてくれる証では無いでしょうか?

世の中は色々な分野が無料に引っ張られフリーで使える便利なサービスは増えていますが価値あるコンテンツは高くあるべきという信念の元で当メンバールームは運営しております

でも今の入会金設定はまだまだ安いと自分では感じておりご入会者様の推移を見ながらまだまだ入会金は上げてご入会者様の人数をコントロールしていきます

前置きが長くなりましたが今回のブログ発信はほんの少しメンバールームが何をしているのか少しイメージしやすいような発信を致します


2017090701.jpg



表題の通り糞にカメラを仕込んで道においてみたいと思います

本物の糞をスプレーでカチカチに固めて内部にカメラを入れるのは大変なので良いものが無いかと思っていたらAmazonに売っていました

その人の名は

「超リアルウンコ一本糞」さん
720円です

レビューも非常に評判が良く買ってみました


2017090702.jpg


届いて開封したところです

見た目はまさに本物の糞そのものです



2017090703.jpg



細部もリアリティです

これに無線で録画制御出来るカメラを仕込んだら面白いと思いませんか?

多くの人が道端に糞が有ればなるべく見ないようにしたりしてじっくり観察する人はまずいないと思います

まさにカメラ仕込むには最高です


2017090704.jpg



一本糞を裏返してカッターで割いて作りがどうなっているか確認してみました

これならら楽勝にカメラが仕込めます

私は糞にカメラを仕掛けて置いておけば最高のカモフラになると考えて本物の糞をコーティングしてカチカチしてすれば良いのではと考えたのですが具現化するにはハードルが高いかなと思っていたらAmazonでこの商品を見つけました

もしこの商品が私の発想のような考えで作られていた商品で割ったら中から本物の糞が出てきたらどうしようとか思いましたが綿のような物でしたので良かったです

今回の発信は「準備編」という事で実際にカメラを入れるレポートは次回の更新で致しますので悔しかったら御覧臭い



2017090705.jpg


「超リアルウンコ一本糞」さんはドラゴンボールの主人公の孫悟空が乗る
「筋斗雲 (きんとうん)」に似てると思いませんか?



2017090706.jpg


そう思った私は仲間思いなのでベジータ君を乗せてみました

良く似合います

ベジータ君も満足そうに喜んでいる風に見えませんか?


2017090707.jpg


実は小さな声では言えませんがAmazonには色んな種類の糞が売っているんです

どれが適しているのかと思い数種類買ってみました

こちらもリアルですがカチカチに固い材質でしてカメラを仕込むのはちょっと難しそうです



2017090708.jpg


でも折角買ったのでこれもきんとうんこゴッコに使ってみました



2017090709.jpg



これもAmazonでお買い求めになった糞です

こちらは柔らかいので仕込めそうですが真っすぐに長いほうが良いのでボツにします




2017090710.jpg


ってな訳でこちらも

きんとうんこゴッコしました



2017090711.jpg


ついでなのでこの人にはおでんに乗ってもらいました




2017090712.jpg



もうここまで来ると何だかな?って感じですが

急いで駆けつけるぞって感じが出ていて良いと思いませんか?



2017090713.jpg


食べてしまいたいほど可愛いとはまさにこのような事を言うのではないでしょうか?



2017090714.jpg


あまり悪ふざけしていると各方面から苦情が来そうなのでこの辺で勘弁してくださいなのですが次回は一本糞に無線カメラを実際に仕込むところをお見せしたいと思います

誰もが観覧出来る無料スペースでは息苦しくて私が本当に発信したい情報など出せません
特殊撮影に興味が有る皆様、是非メンバールームで共に楽しみましょう






唯一無二の特殊撮影情報サイトRMSメンバールームにあなたも是非


スポンサーサイト

Posted on 2017/09/07 Thu. 16:53 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

耳を大音量から守るイヤーマフのお話 


今回はイヤーマフのお話です

2017082601.jpg


イヤーマフとはヘッドホンのような形をしていて大きな音から耳を守るためのもです

射撃訓練の映像など見たことが有る人は多いと思いますがそのような大きな音がするシーンで活用するものです


2017082602.jpg


以前ブログでノイズキャンセリングヘッドホンを使いイベント会場でステージ脇の大きなスピーカーの前で大音量に耐えるために使って入力オーバーが原因と思われますが連続して2台とも壊してしまいまった事をお伝えいたしました

でも電子回路を搭載せず音を軽減するイヤーマフなら壊れる心配が有りません

2017082603.jpg


どんなものかと思い1つまずは買ってみました

この画像の物は

「セフティー3 防音用 イヤーマフ 遮音 ヘッドフォン フリーサイズ KB-22」

という商品で価格はAmazonで984円ととても安価な商品です


2017082604.jpg


安物ですが効果の程は如何なものかと思い使ってみました


2017082605.jpg


長年使っていたかなり大きなリクライニング座椅子がクッションがペッタンコになり中の骨が当たってしまい不快になったのでそろそろ限界と思い捨てることに致しました

そのままだと大型廃棄物となるので千円だったか500円だったか分かりませんが有料で処分をしてもらわなければなりません

そこで無料で捨てることが出来るような大きさにするためにクッションなど布を剥がしてそれは燃えるごみとして出して骨は切断して細かく致しました


2017082606.jpg


この座椅子はリクライニングだけで無く膝の裏の部分も持ち上げられたり頭の部分を
起こしたりとか動かせる部分が多いので骨格になる鉄材も沢山使われていますので無料で廃棄できる大きさになるまで何度もカットして小さくしました

切断に使用した工具はリョービの高速切断機 金属用です

早速このイヤーマフを使ってみましたが想像以上に良かったです

高速切断機で金属を切ると物凄くうるさいですがイヤーマフを使うとかなり軽減されました

特に高い音が良く取れる感じでしたので以前紹介したボーズのノイズキャンセリングイヤフォンは高い音が通ってくるのでイヤフォン付けてイヤーマフを付けるともう完全に静寂に包まれる感じです


2017082607.jpg


ハンドグラインダーで削りや磨き作業をする際も大きな効果を発揮してくれます

このような金属を切断や削るとかという作業音は高い音が耳障りですがその独特の高い音を特に和らげてくれるのでこのような作業の際は今後常に使っていきたいと思いました

難点は頭に装着するとかなり締め付けがキツイので長時間装着は辛いです

段ボール箱など適当な幅のものに挟んで保管するようにすればバネが弱まって丁度良くなるかも???

2017082608.jpg


期待してませんでしたが想像以上に良かったのでもっと良い製品を使ってみたくなりこちらを買い足しました

3M(スリーエム) PELTOR イヤーマフ X5A
です

5,800円で買いました

2017082609.jpg


並行輸入品だと同じ型番のものがさらに2,000円以上安く買えるところも有ったのですが
国内正規品を信頼できるところから購入いたしました


2017082610.jpg


大きさを比べてみましょう


2017082611.jpg


こうして並べたほうが分かりやすいですね

御覧の通り厚みが約倍ほど有り吸音力に期待が持てそうな大きさです

2017082612.jpg


横から見ると表面積はさほど変わりません


2017082613.jpg


上部はこのように2本のフレームになっており装着した時に安定感が有ります


2017082614.jpg


装着するとちよっと張り出しが大きくて目立ちます



2017082615.jpg


消音力は安い物と比べて全然良いです

でも雲泥の差というほどでは無く最初に紹介したものでも大きな音から耳を守るという点では十分な仕事をしてくれます

大きな違いは何といってもその装着感です

現在私の家の近くで新築工事が行われているのですがこれを付けていると音があまり気にならないです

親方が子分を怒鳴りつける声も殆ど聞こえなくなるので気が散らずにディスクワークが出来るので便利です

一定のリズムの有る音(釘を打つ音など)ならまだしも親方が子分を怒りつける言葉はどうしても耳を傾けてしまいパソコン仕事が進みませんが3Mのイヤーマフをしていれば超快適です

3Mのイヤーマフは頭を包み込む感じで長時間装着が出来ますので良い感じです

安い物は締め付けが強くて長時間装着は辛いので勉強や作業に集中したい人は値段が高くても良いものを買うと宜しいかなと思います

でも電動工具などを使う際に短時間の装着なら安物でも有ると無いでは大違いなので安物も悪いということは無く十分に活用できますのでご興味のある人は是非試してみてください

3Mのものは装着感が良く騒音もかなり緩和してくれるのでお昼寝などにも使うと良さそうな気もしますが大きすぎるので寝返りが全く打てないので昼寝の際の騒音カットに使うのは難しいかもしれません


使用ののアイディアとしては普通のイヤフォンを装着していてその上にこのイヤーマフを装着すればかなりノイズキャンセリングヘッドホンに近いような効果が得られるので高価なノイズキャンセリングイヤフォンやヘッドホンを買わなくても普段使っているお気に入りのイヤフォンで生活音を遮断して音楽を聴くというやりかたはお金を掛けなくても
疑似的な事が出来るので良いような気がします

外の生活音が遮断されるという事はイヤフォンの音量も上げなくてもよく聞こえますから耳にも良いでしょうしイヤフォンマイクなどスマホに付けておけばお祭りなどにぎやかな所でも着信が確実に分かります

イヤーマフは初めて使いましたが工作加工にもディスクワークにも使えて便利な商品だと思いました

これから大活躍してくれそうです

2017082616.jpg


余談ですが私がブログやメンバー記事で良く使っているこのお人形の頭ですがどこで購入したのかと聞かれることが何度が有りましたので白状致します

美容師を志す人がカットの練習をするための人形です

私の場合はカットし終わったものを格安でオークションで3つ購入いたしました

価格は非常に安かったのですが3つ梱包すると大きい荷物になるので送料の負担が商品よりはるかに高いので人形を使って私のように色々と商品レポートなどしたい場合はAmazonで2千円台から売っているのでそちらを利用したほうが送料無料で買えるので出費額総額を考えると新品を買ったほうがお得のような気もします

新品はカット練習用人形なので異様に髪の毛が長いので不自然ですから自分で変なカットをしたほうが良いかもしれません

この画像の物も2千円台でAmazonで買えるものですが顔が怖い・・・

文化祭のお化け屋敷の道具として使うのに適しているかも。






RMSメンバールームはあなたの知的好奇心を刺激します。共に楽しみましょう

Posted on 2017/08/26 Sat. 18:02 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 2

アベマTV録画システム再構築 


AmazonのFire TV Stick の初期型は購入した際にブログで紹介させて頂きリモコンは加工してストラップを付ける加工などを記事にして発信いたしましたがその後音声操作が出来る新型が出ると知った時に予約していて発売日にすぐに手に致しました

そのことはブログでゲットした事だけをご報告したのみでその後は何もこちらでは発信しませんでしたが家庭用のレコーダで録画出来るようにスプリッターとコンバーターを買ってPanasonicのディーガで録画できるシステムを組んだことをメンバールーム内で発信いたしました

アベマテレビもユーチューブも録画できるようになりとても快適でしたがなんとぶっ壊れてしまいました



2017072601.jpg


今月の10日に音声操作が出来るFire TV Stick (New モデル) が
3,480円でタイムセールをしていたのでさらにもう1つ買い足しました

とても良い買い物が出来ました

これで旧型が1台と新型の音声コントロールできるものが2台の合計3台体制です

音声コントロールの新型は便利で便利でもう手放せません

自分で色々とメニューを探し回らなくても

「こんなの無いかなぁ~」

と思えば音声で入力するだけで探してくれます

Amazonのサービスに無ければそのままYouTubeで探すことが出来る点も良いです

寝室には19インチのアクオスに音声コントロールの新型を付けていますが

「ジャズ」

と音声で入れてYouTubeで連続再生してジュークボックス代わりに音楽流して読書したり寝る際には

「フィーリング」とか「リラックス」

などと音声検索してテレビのタイマーを1時間とかに合わせて切れるようにして心地よい音楽を聴きながら就寝したりしております

最近はHDMI入力が出来る7インチモニターと10インチモニターなど買ったので
Wi-Fiの電波が届くところであれば色々と視聴できるので作業場でAmazonコンテンツが楽しめるようになりました

アベマテレビを録画しようと思って使っていた危機がぶっ壊れたので新しく違うものを購入しました

まだ接続して試してませんが上手くいけばまたメンバールームで会員の皆様にご報告いたします

当メンバールームは特殊撮影をテーマにしたサイトですが機材全般の面白情報を常に配信しております

ぜひ一緒にメンバールームで新たなライフスタイルをを楽しみませんか?

楽しさ炸裂のRMSメンバールームにあなたも是非おいでください

Posted on 2017/07/26 Wed. 03:17 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 0

カラーでスケスケ透視武装なら最後のチャンスかも? 


今回は当サイトが得意とする撮影分野のスケスケについてお話しいたします

スケスケ撮影に関しては絶大な自信が有るメンバールームですがカラー透視が出来るようになるベース機が製造終了になり今後入手出来なくなりそうなので透け透け撮影ファンの皆様は今ご入会されるか今後ご入会されるかで大きく楽しみが変わるでしょうから今回はメンバールームちっくな話題をここで致します



2017062401.jpg

スケスケ撮影と言えばモノクロというのが一般的な定説ですが使用する改造カメラと被写物によってはカラーのまま透けて見えたりするのでちょっと実験画像を用意したのでご覧下さい

当メンバールームの現在一番人気のスケスケカメラは

・通常カラー撮影
・カラー透視撮影(メンバールーム内では高感度モードと呼んでいます)
・スケスケ撮影

の3つのモードをユーザー皆さんが自由に変更して撮影を楽しむことが出来ます

それぞれのモードの写りをご覧頂きたいと思います


こちらはソニーの赤外線照射器を2つ並べて通常のカラー撮影をした画像です


2017062402.jpg



そしてこちらが当メンバールームで現在大人気のスケスケカメラをカラー透視モードにして撮影した画像です

指は肌色のまま赤外線投光部の黒いプラカバーが透けてカラーのまま内部のLED8個と配線やビズなどが透過して見えるようになりました

2017062404.jpg

  

カラースケスケだという事が良く解るようにiPhoneを写し込んだ画像です

透視できない不可視の筐体のiPhoneが真っ白に通常のカラーに映っている事で紛れもなくこれがカラー透視画像だという事が解って頂けると思います

台にしている木板はカラー透視モードにした事により少し色が薄くなり木目がハッキリ浮いて見えるようになっています

可視光線と赤外線の両方を取り入れて色合いをカラーにする事により被写物により映り方はそれぞれ変わります



2017062403.jpg



こちらは可視光線を完全に遮断して赤外線のみで撮影した画像です

一般的なスケスケ撮影画像となります
当サイトのスケスケ改造機を使わなくても同じ撮影なら他社様の撮影機材で同様の撮影は可能なものは沢山有ります

今回の発信記事では当サイトオリジナル改造機でしか出来ないカラー透視の部分に注目してご覧頂ければと思います



2017062405.jpg


こちらもソニーの赤外線照射器なのですが中央が通常のビデオライトで両サイド部分が赤外線照射器となっているものです

まずは通常のカラー撮影です




2017062406_20170626050942ed4.jpg



カラー透視モードでの撮影画像




2017062407_20170626050943c94.jpg


こちらは完全なスケスケ撮影モード



2017062408_20170626050945c3b.jpg


同じソニーの照射器ですが筐体を写してみましょう

まずは通常カラー撮影



2017062409_201706260509478c3.jpg


カラー透視モード

筐体の黒が淡い色になり内部のコンデンサーとか基板がうっすらと見えるようになりました



2017062410_201706260509480f1.jpg


赤外線のみのスケスケ撮影モード



2017062411_20170626050917bc5.jpg



次に布のカラースケスケ撮影実験します

この書籍に布を被せてそれぞれのモードでどのように映るかテストします





2017062412_20170626050918e65.jpg


布で包んでまずは通常のカラー撮影です


2017062413_201706260509208de.jpg



カラー透視モードです

可視光線と赤外線をミックスさせて透視しているので可視光線が透視の邪魔をしているので完全に模様を飛ばすことが出来ていませんがカラーのままうっすらと布の中が見えます




2017062414_2017062605092110e.jpg


不可視のiPhoneと一緒に撮影すると色合いを損ねず透ける物がカラー透視できている事が解ります

ちなみに撮影に使用しているカメラはWi-Fi制御可能なのでスマホでモニタリングしながら録画制御できます

スケスケをスマホで遠隔モニター制御できる上にカラー透視までやってしまうのですから人気が出ないわけが有りません

この装備が持てるのは会員さんならではの特権です

普段は突っ込んだ特別なお話しはブログではしないのですが今後手に入らなくなりそうなので現在入会をお考えの人が後悔されないよう手に入る今のうちにここで話題にすることに致しました

2017062415_20170626050922328.jpg



赤外線のみのスケスケ撮影モードです

完全に布の模様が飛んで見事に透け透けになり本の表紙の文字が読めるようになりました


2017062416_20170626050924628.jpg



次の撮影実験は樹脂の引き出し付きボックスです

まずはカラー撮影

中には何が入っているかは肉眼では解りません


2017062417_20170626050925086.jpg


カラー透視撮影すると先ほど実験で使ったソニーの赤外線照射器が中に収納されている事が解るようになりました



2017062418_2017062605092717c.jpg



赤外線透視モードで撮影すると丸透けでBOXは完全に透明になりました

紫外線や赤外線が当たらないように保管しなければならないお薬とか大事な物を仕舞うのにはこのプラボックスは全く適さないことがこれで解ります

このようにスケスケカメラは色んな事に役立てることが可能です


2017062419_20170626050928f6a.jpg



しっかりと透け撮影をするにはカラー透視モードより完全な赤外モードのほうが良いのでカラースケスケ撮影の事をメンバールームでは「高感度モード」と私は名付けて解説しております

カラー透視が出来る高感度モードが威力を発揮するシーンについて解説致します

これは昔ながらの白熱球の電気スタンドです


2017062420_20170626050930dbb.jpg




中には60Wの白熱球が入っています


2017062421_201706260510473a9.jpg



傘を取るとこんな感じでこのスタンドの場合ナツメ球もついており紐を引っ張ることで
白熱球、ナツメ球、オフ、と切り替えが出来ます


2017062422_20170626051049e1b.jpg


ナツメ球を点灯させた所です

もしかしたら若い人はナツメ球って何?という人もいるかも知れません

丸い蛍光灯の照明器具の場合、昔はこのナツメ球が必ずと言って良いくらい付いていて寝るときにナツメ球にすると凄く薄暗くなり就寝を妨げず深夜にトイレに行くときとかには何とか足下などが確認出来るギリギリの照度の照明です


2017062423_201706260510504c4.jpg


ナツメ球は肉眼ではとても暗いのですが実はメチャメチャ赤外線を沢山出してくれるのです

当メンバールームで一番人気の改造スケスケカメラを使うと高感度モードで撮影した場合このナツメ球1つだけで驚くほど明るく撮影出来てしまうのです

しかも白熱球やナツメ球だとそのまま写すと通常は茶色っぽい色になりますが当サイトで改造をされた会員さんには活用CDをお付けしておりその通りに設定すると明るい蛍光灯の下で撮ったような綺麗な色合いで鮮明に撮れるようになります




2017062424_201706260510523a1.jpg




白熱球は製造を終了するメーカーが増えて入手が難しくなってきましたがナツメ球ならダイソーで3つで108円でまだ売っていますので手に入ります


赤外線をタップリ出すので6畳程度の部屋ならこれで充分明るく撮影出来ますし当サイトの改造機なら明るい蛍光灯の部屋で撮ったように色合いも自然に戻せます

しかしナツメ球をどうやって点灯させるか・・・

便利なオリジナル品を作る計画が有るので会員の皆様は楽しみにしていて下さい

これで夜の営みの際に

「恥ずかしいから電気を暗くして」

と言われても肉眼で暗くなってもカメラでは昼間のように明るく
ひひひひひひひひぃ・・・

あっ何でもありません



2017062425_20170626051053d62.jpg


こちらはLED電球です

真ん中の40WタイプのLED電球を使って見ましょう



2017062426.jpg


今回は電気スタンドの白熱球と置き換えをするので全方向に配光するものをチョイスしましたが回路が入っているので根元部分が電球とは形状が明らかに違います





2017062427.jpg

消費電力は驚くことにナツメ球より少ない僅か4.6Wなんですよねぇ


2017062429.jpg



取り替えてみました

メチャ明るいのにナツメ球(5W)より電力を食わないのですが驚きです


2017062430.jpg



ナツメ球はこんなもんですからLED電球がいかに省エネなのかが解ります


2017062431.jpg



傘を戻してみました

アジアンチック(?)なこのスタンドには白色は似合わないので今度電球色のLEDを買って来たいと思います

ちなみにこのスタンドには「60Wまで」と取り付けが出来る電球の事が書いて有ります
100Wもそのまま付ける事も出来るのですが白熱球は熱量が大きいので守らないとこのスタンドの場合は傘が可燃性ですので火災の原因になりかねませんしプラスチックのフード等ですと変形したりするので白熱球の規格は必ず守りましょう

でもLED電球なら100Wタイプとかを付けても全然問題無いと思います

さて余計なうんちくが長くなりましたが当サイトの改造スケスケカメラならこのようなスタンドを使えば通常はLED電球で明るく省エネで部屋の照明として使いデヘヘ撮りの時は肉眼では薄暗く見えるナツメ球で思いっきり明るくしかも自然な色で撮影が可能になります


■赤外線が得意なのに赤外線の解説が無い???

当サイトは赤外線撮影は得意分野でカメラを組み立てたりビデオカメラやデジカメを改造したり携帯をスケスケ改造したりなどした物を会員の皆様にご愛用頂いておりますが

赤外線の事を解説したページがどこにも無いんです

肉眼と赤外線はどうちがうのかとかどうしてスケスケは出来るのかとか全く説明する文書が無いのですが何故無いかと言えば私が解説しなくてもググれば他のサイト様が色々と解説を出して下さっていますし解説したところでそれを読み終わったスケスケ撮影をしてみたい人が思うことが何かを私はよく知っているからです

スケスケが出来る原理を知った人はその後にこう思います

「で、カメラは何を使えば良いの?」

と考えるでしょう

その答えはメンバールームの中に有ります

赤外線撮影をしてみたい人は何を買えば良いのか解らずあれを買ったりこれを買ったりとかして散財する前に情報を得に是非メンバールームに来て下さい

今回ご紹介した撮影方法での実写は同じ事をしたければどこで何を買っても無理です

何故ならRMSメンバールーム内でしか扱っていないのですから。


■補足

期待させすぎてはマズい部分も有ると思うので補足しておきますが何でもかんでも透けるわけでは有りません

透けない物はどんな事をしても透けません

実験画像では肉眼では透けないけどスケスケ撮影すると透ける物を用意して記事を制作しております

しかしこれだけは言えます

当サイトの機材を使って透けないものは他の何を使っても絶対に透けないので期待値が大きすぎて当サイトのカメラや改造機を使って透ける物が少ないからと言って他の物を買いまくっても透けるようになるものは存在しないので折角入会されたのに散財するだけになりますので当サイトのカメラを使って透けない物は

「もうこれは絶対に透けないんだな」

と理解して下さい

Wi-Fiでモニタリングと録画制御、カラー透視(高感度撮影)が出来てしかも安い。

これを手に出来るのはRMS会員さんだけです

しかもあと僅かで終わりです

いつか入ろうと思って居られる人は是非今来て下さい

スケスケに興味が無くても高感度撮影のWi-Fi制御はあなたの知的好奇心を満足させます



リアルマジックショット
有料サイトだからこそ情報の質が違うRMSメンバールームにあなたも是非おいで下さい






Posted on 2017/06/26 Mon. 05:49 [edit]

機材紹介  /  TB: 0  /  CM: 4

さてそろそろ 

次のステージへワープの時間です

Posted on 2017/06/14 Wed. 01:50 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 5

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS